花王 公式note編集部

花王の公式noteです。 私たちがめざしている“志”を伝えていくことをコンセプトに、こ…

花王 公式note編集部

花王の公式noteです。 私たちがめざしている“志”を伝えていくことをコンセプトに、これまでお伝えしきれていなかった「花王の取り組みや開発の裏側」「社員の想い」などを、試行錯誤しながらお届けします。

最近の記事

花王最新「泡」技術を支える「粉」のスペシャリストの活躍

独特の“発泡”がクセになる!この春、2つのブランドからそれぞれ「炭酸*1 泡洗顔料」と「炭酸*2 泡シャンプー」が発売になりました。共通点は、「粉(パウダー)」に水を加えると炭酸が発生して発泡する花王最新の「炭酸*1*2 泡洗浄剤」が採用されていること。 開発したのは、スキンケア・ヘアケアそれぞれの研究員…だけじゃないんです!そこにはもう一人、影の立役者がいました。 今回は、花王最新の「炭酸*1 泡洗顔料」&「炭酸*2 泡シャンプー」のキーマンとなった「粉」担当、加工・プ

    • 花王 公式の見解②「タオルのニオイ戻り」には、バイオフィルム除去が効果的!

      みなさん、こんにちは!花王 公式note編集部です。 梅雨時期に、洗たく物のニオイが気になることはありませんか?部屋干しをすると室内が嫌なニオイになったり、洗たく直後は気にならないけれど、いざ、手や顔をふくときにタオルが濡れるとニオったり・・・。 花王が日常生活でのニオイ悩みを調査したところ、約7割の人が衣類やタオルのニオイに悩んでいて、特に、タオル類はニオイの気になる人の割合が高いアイテムの一つになっています。(2024年 花王調べ) そこで今回は、洗たく用洗剤のプ

      • JALさんとコラボ!仕事と家庭を両立できる社会をめざして

        花王は、誰もが仕事と家庭を両立できる社会を実現するために、「家族でシェアするラク家事」を提案する啓発活動をスタート。第一弾として、JALさんとコラボレーションし、JAL社員を対象とした「ラク家事セミナー」を開催しました。 どんな経緯から、ラク家事啓発活動を始めることになったのか。なぜ、花王の想いにJALさんが賛同してくださったのか。花王の担当者の小野と、日本航空株式会社 人財本部の望月さん・上野さんに、今回のセミナー開催にかける想いをうかがいました。本記事の最後では、JA

        • 個性あふれる花王の泡は、探求心と技術が詰まっていた

          花王には、いろんな泡製品があることを知っていますか? ところで、泡ってどれも同じ?いいえ、泡それぞれに個性があるのです。 よき泡づくりのために、日々、泡の研究にまい進する研究員たちに話を聞いてみました。 泡への見方が変わるかも・・・?! スキンケアからトイレそうじまで!花王の泡研究はこんなに幅広い――今日は「泡研究」という共通点で3人の研究員が集まっていますが、花王ではどんな研究をしているんですか? 浅川(ビオレu):私は花王に入社してから今日までスキンケア研究所に所属し

        花王最新「泡」技術を支える「粉」のスペシャリストの活躍

          フェムケアを通じて伝えたい「自分を慈しむこと」

          女性の「一日、一月、一年、一生」という美しさのリズムを見つめ続けてきた化粧品のカウンセリングブランド「TWANY(トワニー)」から、新フェムケアライン「TWANY&me(トワニーアンドミー)」が新発売。2023年11月に第一弾として、デリケートゾーンの肌のウォッシュとクリームがラインアップしました。 「デリケートゾーンの肌ケアを習慣にすることで、自分を大切にする心を育んでほしい」。女性に寄り添い続けてきたブランド担当者が立ち上げた「TWANY&me」。熱い想いを取材してき

          フェムケアを通じて伝えたい「自分を慈しむこと」

          LUNASOLの魅力を一人でも多くの方へ!「ブランド エバンジェリスト」活動への想い

          花王は、2023年1月より、美容部員の総称を「ブランド エバンジェリスト(ブランドの伝道師)」に変更。オンラインとリアルの両輪で活動できるよう、育成をスタートしています。 「ブランド エバンジェリスト」とは、どんな活動なのでしょうか。 「LUNASOL(ルナソル)」の「ブランド エバンジェリスト」、嶋谷に話を聞いてみました! ブランドの伝道師「ブランド エバンジェリスト」とは――はじめに、「ブランド エバンジェリスト」について教えてください。 嶋谷:「ブランド エバンジェ

          LUNASOLの魅力を一人でも多くの方へ!「ブランド エバンジェリスト」活動への想い

          「花王 公式の見解」①エリ・ソデの皮脂汚れにはパウダー洗剤が良い※

          みなさん、こんにちは!花王 公式note編集部です。 突然ですが、皆さんはふだんの洗たくでは、どのような洗剤を使っていますか?現在、家庭用の衣料用洗剤には様々な種類があると思います。 そこで今回は、花王の洗剤における、一般洗たく用の液体洗剤とパウダー洗剤の違いについて、衣料用洗剤のプロフェショナルである花王 ハウスホールド研究所の別所研究員に話を聞いてみました。 ※パウダー洗剤は当社粉末洗剤。普通洗たくで当社液体洗剤と当社粉末洗剤を比較した場合。 液体洗剤とパウダー洗

          「花王 公式の見解」①エリ・ソデの皮脂汚れにはパウダー洗剤が良い※

          省資源化だけじゃなかった!キュキュット「未来にecoペコボトル」開発の3つの壁

          「ペコッ」とつぶせて、捨てる時にかさばらない――。食器用洗剤の「キュキュット」から9月、新たなつめかえ容器「未来にecoペコボトル」が誕生しました。つめかえやすさと耐久性を保ちながらボトルの肉厚を極限まで薄くすることに挑み、容器のプラスチック使用量を約40%削減*できたのです。 *容器の従来品重量比 新ボトルができるまでにはどのような壁があり、どう乗り越えたのか。特大サイズの開発を担当した、包装技術研究所の川上と森若に聞きました。 2040年「ごみゼロ」実現に向けて、つ

          省資源化だけじゃなかった!キュキュット「未来にecoペコボトル」開発の3つの壁

          「職場のロリエ」~誰もが働きやすい環境づくりへの想い~

          花王の生理用品ブランド「ロリエ」は2022年3月、企業が生理用品を備品化する「職場のロリエ」を始めました。なぜこのプロジェクトが生まれ、どのような反響があるのでしょうか。 今回は、ロリエのマーケティングを担当する杉本沙穗と、このプロジェクトに賛同していち早く導入されたアツギ株式会社の加藤理子さん、岡持奈那さんにお話を伺いました。 働く女性の声から始まったナプキンの備品化プロジェクト――「職場のロリエ」はどのようなプロジェクトですか。 杉本:働く女性たちのお悩みから始まった

          「職場のロリエ」~誰もが働きやすい環境づくりへの想い~

          生活者に寄り添って90年。歴史ある部署の使命と新たな想い

          暮らしに寄り添い、生活者と花王をつなぐ「生活者コミュニケーションセンター(生活者CC)」。電話、メール、手紙などで寄せられる相談は、年間17万件を超えます。約90年という歴史があるこの部署がめざすのは、期待を超える対応で「ご相談を“感動体験”にかえる」こと。今回は、野村由紀センター長に、大切にしている価値観や、新たな挑戦について聞きました。 “背景”までじっくり聞きこむ。めざすのは、相談を感動体験にかえること――年間17万件も相談が寄せられるのですね。 野村:相談件数が多

          生活者に寄り添って90年。歴史ある部署の使命と新たな想い

          誰もが自由に美を求め、語り合える社会をめざして

          「なぜ男性は堂々と化粧直しができないのか」 若手男性社員が感じた社会への違和感をきっかけに、2022年12月、男性用化粧品ブランド「UNLICS(アンリクス)」は誕生しました。 “美”を求める男性に寄り添った化粧品があったらいいのに。 性別問わず、もっと美を語れる世の中であったらいいのに。 そんな思いを持つUNLICSの商品開発担当の李・宮尾、PR担当の岩田に、ブランドにかける想いや、ブランドを通じて叶えたい未来について聞いてみました。 男性だって美しくなりたい。その気

          誰もが自由に美を求め、語り合える社会をめざして

          未来を担う子どもたちと、地球環境を真剣に考えたい。コンテスト開催に込められた想いとは?

          花王が2010年から開催している「花王国際こども環境絵画コンテスト」。毎年、世界中の子どもたちが、地球の環境や未来について真剣に考え、それぞれの想いを込めた素晴らしい作品を届けてくれています。 子どもたちの絵をとおして、世界の人々の心を動かし、花王がミッションに掲げる「豊かな共生世界の実現」をめざしたい。担当する社会貢献部・三上に、絵画コンテストのこれまでの軌跡と、未来に向けた取り組みについて想いを聞きました。 海外イベントをきっかけに、グローバルな環境絵画コンテストが

          未来を担う子どもたちと、地球環境を真剣に考えたい。コンテスト開催に込められた想いとは?

          NO MORE RULES. 自分を縛るルールはない。「KATE SCHOOL」にこめたブランド担当の想いとは

          メイクアップブランドの「KATE(ケイト)」が、メイクを通して、「自分らしさ」を知り・育む、体験の場としてブランド初の授業「KATE SCHOOL」を開講しました。でも実は、メイクの仕方を教える授業ではないんです。めざしたのは、「自分らしさ」を知り、新しい自分と出会うきっかけづくり!「NO MORE RULES.」のスローガンのもと、“ルールに縛られないメイク”を提案している「KATE」だからこそできる取り組みだと思いました。 今回は、この新しいチャレンジについて「KATE」

          NO MORE RULES. 自分を縛るルールはない。「KATE SCHOOL」にこめたブランド担当の想いとは

          「ビオレ」と「横浜DeNAベイスターズ」が“スタジアム衛生・快適パートナー”に!

          花王「ビオレ」は、プロ野球球団「横浜DeNAベイスターズ」を運営する株式会社横浜DeNAベイスターズと、2023年3月に「スタジアム衛生・快適パートナー」契約を締結。「手洗い・手指消毒など衛生的に保つための対策や暑熱対策をすることで、来場されたファンの方に快適に野球観戦を楽しんでほしい」という両社の想いから始まった取り組みです。 「ビオレ」の消毒液を横浜スタジアム内の80カ所以上、ハンドソープを各トイレに設置。また、除菌シートはスタンド内で「立ち売りスタッフ」が、冷却シー

          「ビオレ」と「横浜DeNAベイスターズ」が“スタジアム衛生・快適パートナー”に!

          「リーゼ 聞けばわかるヘアスタイリング」音声コンテンツ制作にかけた想いに迫る!

          リーゼは「できる、叶える♪リーゼ」をブランドスローガンに掲げ、誰でも簡単になりたいヘアスタイルに近づける商品をラインアップ。1980年の発売以来、時代のニーズに応えた提案で支持されているヘアスタイリングブランドです。 この「誰でも簡単」を実現するため、2021年4月に、視覚に障がいがある方でもキレイにヘアスタイリングできる「リーゼ 聞けばわかるヘアスタイリング」をリリース。ブランドサイトに、12種類のヘアスタイルを音声で紹介するコンテンツを掲載しています。聞くだけで自然と

          「リーゼ 聞けばわかるヘアスタイリング」音声コンテンツ制作にかけた想いに迫る!

          商品化の第1号は「アタック ZERO」花王が取り組む【つめかえパックの水平リサイクル】の最前線

          みなさん、こんにちは!花王 公式note編集部です。 いきなりですが、ちょっと嬉しいご報告をさせてください。満を持して このたび、こちらの商品が数量限定で発売になりました!感無量です。 …え? 普通の「アタックZERO」のつめかえ用じゃないかって? はい、確かに中身は通常品と同じ「アタックZERO」です。 注目していただきたいのは、この商品の『フィルム容器(つめかえパック)』のほう。 残念ながら今回は、中身の洗剤のお話はこのあと一切出てきません。 ごみゼロに本気で取り組む

          商品化の第1号は「アタック ZERO」花王が取り組む【つめかえパックの水平リサイクル】の最前線