花王 公式note編集部
【活動レポート】東京マラソン2021 衛生サポートの舞台裏(前編)
見出し画像

【活動レポート】東京マラソン2021 衛生サポートの舞台裏(前編)

花王 公式note編集部

こんにちは!花王 公式note編集部です。

二度の延期を経て「東京マラソン2021」が、3月6日に開催されました。日々練習を重ねてきたランナーが、フィニッシュをめざして走る姿からは、やり遂げることへの感動や勇気をもらいました。

たくさんの人たちの夢を叶える一助となりたい!!そんな想いで、私たちだからこそできる事って何だろう?と考えました。花王では、“みんなでつくる「きれい」が、応援になる。”をスローガンとして掲げ、手指衛生や、身の回りの物の除菌などをサポートすることに。

社内でボランティアを募ってみると、多くの社員から「参加したい!」との声が集まりました。そして、約30名の社員ボランティアと大会を応援することに。衛生的な配慮が不可欠な中、ランナー、ボランティア、スタッフ、が一つになって、無事の開催を願いました。

このレポートでは、大会準備から当日のサポート、それを支える社員の熱い想いを(前編)と(後編)の2回にわけてお届けします!

今回の(前編)では、開催前から、開催当日までの衛生サポートの内容を、写真でご紹介していきますね。

安全・安心な大会を願い、ボランティア活動に役立つ「スキルアップ講習」 をオンラインで開催

ボランティアに向けて、花王グループの衛生管理サポート事業に従事している社員が、正しい手洗い・手指消毒の方法などを伝授。オンラインの他、アーカイブ配信もしました。

VOLUNTAINER スキルアップ講習の様子

 

便利グッズ!マスクケース・手指用消毒液を配付

ボランティア・ランナーのみなさん、当日使ってくださいね~という想いを込めて!
マスクケースはなんと今回オリジナルです!

“みんなでつくる「きれい」が、応援になる。”というメッセージとともに 。

 

ありとあらゆる場所に、手指消毒液を設置

給水所ごとに手指消毒液が設置されています!

給水を取る前にも使って頂きました。

 

トイレ前にもずらりと手指消毒液

正しい使い方を伝えるポスターとともに・・・
手指全体にまんべんなくすり込むあいだ、最低15秒以上乾かない程度の量を意識してくださいね。

 

救護所は、なんと花王の茅場町本社の敷地内にありました。

ここにも手指消毒液

 

水道のない場所でも使える手洗いスタンド「WOSH」を用意

10km(10.7km)フィニッシュエリアとマラソンフィニッシュエリアに、WOTA社の水循環型の手洗いスタンドWOSHを20台設置しました。WOTA社とは、「水」と「衛生」に関する社会的課題解決をめざして、業務提携をしています。
WOSHとは:https://wota.co.jp/wosh/

 

社員ボランティアの活躍

フィニッシュしたランナーに、手指消毒を勧めるのが花王ボランティアのミッション!

完走おめでとうございます!という気持ちをこめて!
走り終えたランナーの皆さん。手指衛生にとても協力的でした。

つづく

(後編)では、ボランティアとして参加した社員の想いをご紹介します。



花王「東京マラソン2021」応援サイト
花王公式Twitter
花王公式YouTube
花王公式HP


この記事が参加している募集

イベントレポ

スポーツ観戦記

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
花王 公式note編集部
花王の公式noteです。 私たちがめざしている“志”を伝えていくことをコンセプトに、これまでお伝えしきれていなかった「花王の取り組みや開発の裏側」「社員の想い」などを、試行錯誤しながらお届けします。