花王 公式note編集部
化粧品ボトルから、本当の“キレイ”を考える
見出し画像

化粧品ボトルから、本当の“キレイ”を考える

花王 公式note編集部

みなさん、こんにちは!花王 公式note編集部です。
記念すべき1本目の投稿は、「化粧品プラスチックボトルのリサイクル」についてのお話です。
私たち花王グループでは、お客さまに少しでも化粧品を使う楽しさを感じていただけるよう、中身だけでなく容器にまでこだわりを持ってモノづくりをしています。しかし、化粧品容器の再利用は難しいため、多くの化粧品は使い終わったら捨てるしかなく、環境への配慮としては課題がありました。
そこで今回、note編集部はボトル容器からボトル容器への「水平リサイクル」に取り組んでいる社員を直撃!化粧品事業部門 商品事業開発センターの大塚由喜男に、取り組みの概要やそこにかける想いなどを取材しました。

話を聞いたのは、化粧品プラスチックボトルを通じて“キレイ”を追求する大塚由喜男

<プロフィール>
大塚 由喜男(おおつか・ゆきお)
花王株式会社 化粧品事業部門 商品事業開発センター スキンケア商品開発部
これまでに担当してきた主な仕事:スキンケアの商品開発
現在の仕事内容:スキンケア商品開発に加え、サステナブル活動の推進
仕事をする上で大切にしていることは、「物事を客観的に俯瞰しつつ、周囲の想いと自分の想いを大切にしながら仕事をすること」。
趣味は、色々な種類のコーヒー豆を挽いて味わうこと。

ボトルも含めて、お客さまにワクワクを提供するのが「化粧品」。ですが・・・

―― どうして化粧品プラスチックボトルのリサイクルに、取り組もうと思ったのですか?
大塚:昨今、ESGやSDGsが重視される中、お客さまから「使い終わった後、きれいな化粧品ボトルを捨てるのがもったいない」といった声がよく聞かれます。私たちも、化粧品プラスチックボトルのリサイクルを検討していましたが、なかなか課題が多く…。飲料用のペットボトルのリサイクルは当たり前に行われているのに対し、化粧品においてはリサイクル方法が確立できていないという現状に、もどかしい気持ちでいました。

―― 化粧品ボトルのリサイクルは、なにが難しいのでしょうか。
大塚:化粧品ボトルの多くは、着色・加飾(かしょく)をしています。それは、私たちには「容器のカラーや質感などデザインも含めて“化粧品”であり、商品を通じてブランドの世界観を表現し、お客さまにワクワクをご提供したい」という強い想いがあるからです。ただ、これまでは、そのような化粧品容器の着色や加飾部分をしっかり除去し、リサイクル素材へ再生させることは難しいとされてきました。さらに、化粧品は油分を多く含むことから洗浄が難しいという課題もありました。

突破口は、「ケミカルリサイクル技術」

―― キレイな容器づくりと環境を守ること・・・どのようにして両立をめざしたのですか?
大塚:そこで出会ったのが、日本環境設計さんの「ケミカルリサイクル技術」です。
ケミカルリサイクルとは、汚れなどが付着している使用済みPET容器を、分子レベルまで分解して精製し、バージンPETと同等の品質を有する素材に再生する技術です。この技術を使うことで、たとえ着色や加飾があり、さらに中身の剤が付着している状態の化粧品用のPETボトルも再生できる見通しがたてられるようになりました。つまり、PET素材であれば、化粧品プラスチックボトルの「水平リサイクル」の可能性がひらけるのです。

化粧品PETボトルの水平リサイクルの流れ

まずは第一弾の取り組みとして、使用済み飲料用PETボトルから再生した「ケミカルリサイクルPET」を使って実際に化粧品ボトルをつくったところ、バージンPETと同等の品質の、美しい容器をつくることができました。

ケミカルリサイクルPETで作った化粧品ボトル

――たしかにきれいな仕上がりですね。続いてのステップは?
大塚:いよいよ第二弾は、使用済み化粧品容器を回収し、化粧品プラスチックボトルへ再利用する「水平リサイクル」実現に向けての取り組みです。今年の2月から7月の間、一部の店舗にてお客さまから使用済み化粧品プラスチックボトルの回収を行なっています。それをもとに、「ケミカルリサイクルPET」をつくり、化粧品ボトルに再生する実証実験を行なっています。この実験をもとに継続的な取り組みへ発展させ、化粧品として循環社会へ貢献していきたいと考えています。

自分とともに、社会も地球も“キレイ”になる世界へ

――ボトルの回収率やお客さまからの反応はどうですか?
大塚:回収がスタートして1か月が経過しました。ご協力いただいたお客さまからは「自分も水平リサイクルに協力できている気がする」といったコメントをいただいています。また、取り組みをご紹介した際には、「今度、私も使用済みボトルをもってくるわね」といったお声もいただいています。回収を始めて改めて思うのは、この取り組みはメーカーが一方的に意気込むだけでは成功しない、ということです。どれだけ素晴らしいリサイクル技術を駆使したとしても、水平リサイクルの実現には、お客さまのご協力が欠かせません。なるべくキレイな状態のボトル回収をすることが望ましいため、ご自宅で容器を洗っていただくことが必要です。化粧品をご愛用いただいているお客さまには、私たちと一緒に、自分とともに社会や地球も「キレイ」になる世界をめざし、ご協力いただけたら嬉しいです。

イオンマリンピア店での回収の様子

――将来的な大塚さんの夢はなんですか?
大塚:化粧品には人を高揚させ、笑顔にする力があると思っています。その魅力を高めつつ、今よりもっと社会にも環境にもやさしい化粧品づくりができれば、未来にわたって、より多くの人が笑顔になれると信じています。これからも、色々な角度から“キレイってなんだろう”ということを考えながら、化粧品を開発していきたいです。

より多くの人の笑顔につながる化粧品開発をめざす

 

化粧品ボトルの回収対象となる店舗や商品が確認できます!

回収期間:2022年2月1日~7月31日
東京都:イオンスタイル板橋、イオンむさし村山店、イオンスタイル日の出、イオンスタイル南砂、イオン葛西店、イオン練馬店、イオンスタイル碑文谷、イオンスタイル品川シーサイド、イオン東雲店
神奈川県:イオン海老名店、イオン秦野店、イオン金沢八景店、イオンスタイル東戸塚、イオンスタイル東神奈川、イオン相模原店、イオン大和店、イオン橋本店、イオンスタイル横須賀、イオンスタイル新百合ヶ丘、イオンスタイル座間
千葉県:イオンスタイル木更津、イオン館山店、イオンノア店、イオン銚子店、イオン八千代緑が丘店、イオンマリンピア店、イオンスタイル鎌取、イオン千葉ニュータウン店、イオン津田沼店、イオン稲毛店、イオン新浦安店、イオンスタイル幕張新都心山梨県:イオンスタイル甲府昭和店
対象商品一覧(PDF) ⇒ こちら

カラースタジオ イオンモール千葉ニュータウン店、カラースタジオ イオンモール八千代緑が丘店、カラースタジオ イオンモールむさし村山店
対象商品一覧(PDF) ⇒ こちら


花王公式Twitter
花王公式YouTube
花王公式HP


この記事が参加している募集

私の仕事

SDGsへの向き合い方

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
花王 公式note編集部
花王の公式noteです。 私たちがめざしている“志”を伝えていくことをコンセプトに、これまでお伝えしきれていなかった「花王の取り組みや開発の裏側」「社員の想い」などを、試行錯誤しながらお届けします。